ドリームインキュベータ、越現法を設立

凄い話ですよ〜!

ドリームインキュベータ、越現法を設立

10月25日8時0分配信 NNA

ドリームインキュベータ(DI、本社・東京都目黒区、堀紘一会長)は先月、株式会社形態による現地法人「ドリームインキュベータベトナム」の認可をホーチミン市人民委員会から得た。同社初の海外拠点として11月にも営業を開始する。日本でも行っている企業のマネジメントコンサルティングや投資事業をベトナムでも展開しながら、世界に通用するベトナム企業を多数育成するのが狙いだ。

新会社の資本金は400億ドン(240万米ドル)で、ホーチミン市サンワータワー内を本社とする。DIとDI子会社のデライトが約9割、残りをSCS国際会計事務所(本社・東京都港区)の現地法人、SCSベトナムが出資した。DIベトナムへの出資を今後募るほか、ベトナム企業への再投資を考え株式会社形態での設立にこだわったという。しかし、コンサル事業ではライセンスを取得したものの、M&A(企業の合併・買収)などの投資事業については認可待ちの状態。
 
DIは今年4月、国際競争力向上が課題とも言える在ベトナムのベンチャー企業育成で、サイゴン証券と提携を結んでいるが、こうした関係は引き続き継続する。ベトナム人を日本で採用・育成し、ベトナムに戦力として送り出すほか、将来はホーチミン市証券取引所に上場し、ベトナム企業としての色を強めていく方針だ。
 
ドリームインキュベータは、2000年4月に設立。ジャーナリストの田原総一朗氏が社外取締役に、オリックス取締役兼代表執行役会長の宮内義彦氏が特別顧問に就いている。ベトナム法人の堀新一郎社長は、創業者・堀紘一会長の長男にあたる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071025-00000007-nna-int

詳しくは、ベトナムファンドで分散投資を見てね揺れるハート

2.1倍に急拡大へ 1〜5月貿易赤字

ベトナム民営化ファンド(ユナイテッドワールド証券のベトナム投資信託)にとって、いいニュースですよ〜!
公共投資なんですから!


2.1倍に急拡大へ、1〜5月貿易赤字

5月28日8時0分配信 NNA

 1〜5月の貿易赤字は、昨年同期の約2.1倍に当たる32億5,000万米ドルに膨らむ見込みだ。統計総局(GSO)が25日、今月単月の貿易赤字見通しを昨年同月比75%増の7億米ドルと明らかにしたことから分かった。産業インフラ投資をはじめとする大型公共事業に絡む設備輸入の急増が、貿易赤字急拡大の主因となっている。

 ロイター通信によると、1〜5月に輸入額が10億米ドルを超えた品目のうち、伸び率が特に目立ったのは機械・交換用部品と鉄鋼・鋳塊。機械・交換用部品は45.1%増の36億2,280万米ドルで、同期の輸入総額213億7,000万米ドルに占める割合は17%と最大。また鉄鋼・鋳塊は64.7%増え 17億430万米ドルだった。輸入額が機械・交換用部品に次いで多かったのは燃料・石油製品の26億7,400万米ドルだが、伸びは11%にとどまっている。
 
 機械設備や鉄鋼の需要を後押ししているとみられるのが公共事業だ。25日付タインニエン電子版によると、1〜5月の機械・交換用部品輸入には国家プロジェクトの25億米ドルに上るズンクアット製油所(中部クアンガイ省)の精製設備と発電所関連設備が含まれている。また、鉄鋼・鋳塊の輸入急増も、土木・建設分野での需要増が背景という。
 
 ベトナム政府は、中国の沿海部などと比べるとまだ遅れが目立つ発電所、道路、港湾など産業インフラの整備に今後さらに力を入れる見通し。関連設備の海外調達に伴う輸入増は、これからも発生の可能性が当面続きそうだ。
 
 ■海外からの投資は堅調
 
 一方、計画投資省によると、1〜5月の外国直接投資(FDI)認可額は昨年同期比18.7%増え、43億7,000万米ドルに達した。最大の案件は、インドのエッサール・グループが国営の鉄鋼総公社(VSC)やゴムグループ(VRG)と組み、南部バリアブンタウ省で進めている投資額5億2,700万米ドルの熱延鋼板工場建設プロジェクトだった。同プロジェクトは4月に認可されたばかり。
 
 2番目はシンガポールのバンヤン・ツリー・グループによる中部トゥアティエンフエ省での投資額2億7,600万米ドルのリゾート開発プロジェクト。3番目はタイ素材大手のサイアム・セメント・グループ(SCG)が中南部ビンディン省で進めている投資額2億2,000万米ドルの包装紙工場建設プロジェクトとなっている。

ベトナムファンド・株

日本のユニデン ベトナム進出

ベトナム民営化ファンド (ユナイテッドワールド証券のベトナム投資信託)が、これで上るかも知れませんよ〜!



ユニデンが越進出、コードレス電話生産

5月21日8時0分配信 NNA

 
 ユニデン(本社・東京都中央区)は18日、北部ハイズオン省に電話関連機器の製販子会社を設立したと発表した。同社がベトナムに工場を設置するのは初めてで、操業開始は来年1月を予定。ベトナムでの生産によって、主力商品のコードレス電話のコスト競争力を高め、生産体制を強化するとしている。
 
 新子会社ユニデン・ベトナムはユニデンの100%出資。資本金は500万米ドルとなっている。今年4月4日に設立済みで、年末には従業員を約3,000人にする予定という。
 
 ユニデンはベトナムでの生産を決めた理由を、「豊富な労働力、コストメリット、立地の優位性などから、総合的にものづくりの拠点としてベトナムが適していると判断したため」と説明している。
 
 ユニデンは、アジアでは中国広東省の深センとフィリピンのラグナ州でコードレス電話の生産を行ってきた。だが同社経営管理部(広報担当)の話では、効率化などの観点から比工場の稼働を今年3月に停止し、アジアでの生産をいったん中国に一本化している。同部は、深センでの人件費などコスト上昇と、リスク分散も、ベトナム進出決定の背景にあるとコメント。ハイズオン工場を軌道に乗せる過程で、深セン工場との生産の配分などを判断し決めていく、と説明している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070521-00000007-nna-int

とうとうジョインベストまでが・・・

ジョインベスト証券、投資信託「アジアン倶楽部」の取り扱い開始

5月8日16時2分配信 毎日新聞

 ジョインベスト証券(本社:東京都港区、取締役社長:福井正樹)は、2007年5月8日(火)午前6時から、「DIAM VIP フォーカス・ファンド(アジアン倶楽部)」を追加すると発表した。アジアン倶楽部は、ネット専業証券では同社が初の取扱いとなる。これにより同社の投資信託の取扱銘柄数は、167銘柄へと拡大する。

 今回新たに取扱いを開始する投資信託は、成長新興国として現在注目を浴びるVIP(ベトナム、インドネシア、フィリピン)各国の株式を中心に運用するというもの。

 昨今、中国およびインドの経済成長がクローズアップされ、これらの国の経済成長を享受することを目的としたファンドが数多く運用されているが、これらの国に続き、周辺アジア諸国も規制緩和と民営化、外国資本の流入、インフラの整備、生活レベルの向上とそれに伴う消費拡大など、急激な変化を遂げつつある。

 今回、「DIAM VIP フォーカス・ファンド(アジアン倶楽部)」の取扱いを開始することで、とりわけ成長初期段階にある(1)ベトナム、(2)インドネシア、(3)フィリピンを中心としたアジア諸国の株式等への投資機会を提供することとなる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070508-00000013-maibz-ind

ベトナムに高い関心

「京都デー」など開く ADB総会の公式行事

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070505-00000038-kyt-l26

 2日目に入ったアジア開発銀行(ADB)京都総会の公式行事は4日、京都の伝統と革新をテーマにしたセミナー「京都デー」が開かれ、地元の経済人や研究者が京都企業の独自性や特色をパネルディスカッションなどで報告した。また、ADBの融資先の開発の現状を報告するカントリー・プレゼンテーションもベトナムをトップに始まった。

■セミナー

 「地域統合の展望」をテーマにしたセミナーでは、ADBのラジャット・ナグ事務総長ら有識者7人が意見交換した。

 ナグ氏は、アジア地域の経済統合に向けたADBの役割を紹介し、「ASEANと日本、中国、韓国は経済統合へすでに重要な一歩を踏み出している」と強調。国際通貨基金(IMF)の加藤隆俊副専務理事は「経済統合を進めるには、日中韓とASEANが自由貿易協定の前進を図り、各国が国内の金融インフラを強化することが大切」と述べた。

 また、「クリーンエネルギーと環境」セミナーでは、京都議定書を踏まえた温室効果ガスの削減策を討論した。日本経団連の鮫島章男・環境安全委員長は「日本は世界最高の省エネ技術がある」と述べ、アジア各国への技術支援に積極的な姿勢を示した。一方、環境保護団体「グリーンピース」のゲルト・ライポルド事務局長は、ADBの石炭火力発電に対する融資を批判。「石炭は将来にツケを残す。ADBはクリーンエネルギーへの投資を年10%ずつ増やすべきだ」と訴えた。

■プレゼン

 自国経済の成長性や投資環境を金融関係者らに紹介するカントリープレゼンテーションでは、中国に次ぐ高度成長で注目を集めるベトナムの政府代表らが海外からの投資拡大などを訴えた。

 ベトナム国立銀行のフン・カック・ケー副総裁は、同国が2001年から06年にかけ年7・6%の経済成長を達成し、今年1月には世界貿易機関(WTO)のフルメンバーとなった成果を紹介。一方で競争激化や貧富の差拡大を課題に挙げ、金融改革や行政改革に注力する方針を表明した。

 また、計画投資省のホアン・ベト・カン副局長はビジネスが立ち上げやすく、海外からの投資も受け入れやすい法制度の整備を強調。「国有企業の変革と民間部門の育成で市場経済への移行を進める」とアピールした。

 会場は立ち見が出るほどの盛況ぶり。聴衆からはインフレ抑制策や外国銀行に期待する役割などについての質問も出るなど、成長著しいベトナム経済への関心の高さをうかがわせた。

ベトナム株ノーロードファンド

ベトナム民営化ファンド投資信託)の強力なライバル(?)であるベトナム株ノーロードファンドが運用についてコメントしてたので、掲載します。ご参考にして下さいね

4月からはIPOの取得も開始しております。基本的には優良と思える案件にはすべて入札に参加していく方針です。5月にはベトナム国内保険会社の最大手であるバオベト保険のIPOやその後も大型のIPOが続く予定です。中国株で言えばH株構成ウェートの上位銘柄がIPOをしてくるような感じですから、ベトナム株はいよいよ楽しみな展開になってきたと言えるでしょうか。

ちなみに、日本では全般的にベトナム株ファンドはその規模に対してベトナムの株式市場は市場が小さすぎるために株を買うことが出来ない状況が続いている、との認識も広がっていますが、少なくともOTCやIPOまで投資できるファンドに関しては実際にはそんなことはありません。たとえば、上記のレポートにもあるように「ベトナム株ノーロードファンド1」では3月下旬の10日間だけでOTCと上場銘柄合わせて約3億9000万円程度仕込んだわけですが、その程度の売買ならすぐにも可能なわけで、やる気になれば50億円分程度なら、すぐに仕込めてしまいます。

しかし、テクニカルを見ても、ファンダメンタルズで見ても、まだ割高と判断される銘柄が多く、それらが割安になるまで待っているわけです。もちろんOTCやIPO、あるいは第3者割当も上場株の値動きの影響を受けながら株価が決まりますので、相場全体の値動きを把握しながら投資をすることは非常に重要といえます。

前回のレポートでも書きましたが、現在ベトナム株は調整中であり、夏場まで調整局面が続く可能性もあります。過去の中国株やインド株でも、長期的な上昇局面の中での短期的な大幅調整は何度かありましたが、数年に1度の大幅調整でもその下落幅は20〜40%となっています。ベトナムでも06年の大幅調整の際は37%となっています。

今回のベトナム株の調整は1171ポイントから始まっています。仮に40%下落しても700ポイントで調整終了する計算となります。現在、900ポイントぐらいで推移していますが、これが何を意味するかというと、そろそろ買い場が近づいていることを示していると言えます。

そこで、現在は買いたい気持ちをグッとこらえ、さらなる安値でたっぷりと仕込めるように、割安と思える優良な案件のみを選別して投資しつつも、虎視眈々と大きな買い場を待っているところです。

HSBCもベトナム含むファンド発売!

HSBCまでも、ベトナムを含むアジアファンドの発売を開始しするようですダッシュ(走り出すさま)

熾烈になってきましたね〜あせあせ(飛び散る汗)

ユナイテッドワールドのベトナム民営化ファンドが当たってるからなんでしょうけれど・・・

[東京 13日 ロイター] 
HSBC投信は、「HSBCアジア・プラス」および「HSBCアジア・プラス(3カ月決算型)」の2本を5月31日設定する。

ファンドの詳細は以下のとおり。

設定上限額:各500億円
分類   :追加型証券投信/ファンド・オブ・ファンズ
投資先  :・HSBC アジア・プラス マザーファンド
 <以下、マザーファンドの投資先およびマネジメントフィーなど>
・HSBC GIF アジア(除く日本)エクイティ クラスJ(年率0.6%)
・HSBC GIF チャイニーズ エクイティ クラスJ(年率0.6%)
・HSBC GIF コリアン エクイティ クラスJ(年率0.6%)
・HSBC GIF シンガポール エクイティ クラスJ(年率0.6%)
・HSBC GIF タイ エクイティ クラスJ(年率0.6%)
・HSBC GIF ホンコン エクイティ クラスJ(年率0.6%)
・HSBC GIF ターキッシュ コンバージェンス (年率0.6%)
・EMIF トルコ クラスU(年率0.6%)
・ベトナム・グロース・ファンド(年率2%およびパフォーマンスフィー(ハードルレート(年率8%)を超えた部分の20%))
・ベトナム・エンタープライズ・インベストメント・リミテッド(年率2%およびパフォーマンスフィー(ハードルレート(年率8%)を超えた部分の20%))
・PXP ベトナム・ファンド(年率2%)
・PXP ベトナム・エマージング・エクイティ(年率2%およびパフォーマンスフィー(ハードルレート(年率8%)を超えた部分の20%))
・HSBC インド株式ファンド(適格機関投資家専用)(年率0.63%税込)
・HSBC マネープールファンド(適格機関投資家専用)(年率0.042%税込)
信託期間 :無期限
手数料  :3.675%(税込み)を上限に販売会社が決める
信託報酬 :純資産総額に対し年率1.3965%(税込み)委託0.63%、販売0.735%、受託0.0315%)
*他に投資先ファンドの信託報酬等がかかる。
信託財産留保額:なし
投資顧問 :HSBC インベストメンツ(香港)リミテッド
受託銀行 :三菱UFJ信託銀行
販売会社 :
<HSBCアジア・プラス>
トヨタフィナンシャルサービス証券、インヴァスト証券、HSBC証券会社東京支店、香港上海銀行
<同 3カ月決算型>
SMBCフレンド証券株式会社
概略   :ファミリーファンド方式、「HSBCアジア・プラス」は年1回決算、投資比率は「HSBC GIF アジア(除く日本)エクイティクラスJ」が70%(50─90%の範囲で保つ)、残り30%はアジア各国の株式市場を主たる投資対象とするファンド群。マザーファンドの資産配分および投資対象ファンドの選定に関し、HSBC インベストメンツ(香港)リミテッドから投資助言を受ける。

ベトナムファンドをりそな銀行も

とうとう銀行がベトナムファンド(投資信託)進出です!

このファンドは、世界の投資家の注目が高いアセアン諸国、特にベトナム企業の株式等に投資する投資信託です。


    CAりそな アセアン・ファンド愛称『メコン』
   (追加型株式投資信託/ファンド・オブ・ファンズ)


当初募集期間:〜 平成19年5月17日(木)

継続募集期間:平成19年5月18日(金)〜 平成20年6月13日(金)

募集上限:当初募集期間 500億円(継続募集期間 1,000億円)

設定日: 平成19年5月18日(金)

信託期間: 無期限

申込単位:1万円以上1円単位

申込価額:当初募集期間 1口当たり1円(継続募集期間 申込日の翌営業日の基準価額)

申込手数料:
りそな銀行
取得申込口数が5,000万口未満:3.15%(税抜 3.0%)
取得申込口数が5,000万口以上1億口未満:2.10%(税抜 2.0%)
取得申込口数が1億口以上:1.05%(税抜 1.0%)

埼玉りそな銀行
取得申込総金額が5,000万円未満:3.15%(税抜 3.0%)
取得申込総金額が5,000万円以上1億円未満:2.10%(税抜 2.0%)
取得申込総金額が1億円以上:1.05%(税抜 1.0%)

収益分配:年2回

信託報酬:純資産総額に対して年率1.26%(税抜1.2%)以内、設定時、年率1.2075%(税抜1.15%)

途中解約:原則として毎営業日解約可能。ただし、ファンドの休業日にあたる場合はできない

解約価額:解約請求受付日の翌営業日の基準価額。解約代金は、5営業日

信託財産留保額:なし

ベトナム民営化ファンドもうかうかしてられませんね〜exclamation

ベトナムファンド 和光純薬

ベトナムファンド投資信託)に、いい話でするんるん

和光純薬、試薬で東南アジア開拓−09年度海外売上高50億円へ

4月27日8時32分配信 日刊工業新聞

 和光純薬工業(大阪市中央区、池添太社長、06・6203・3741)は、試薬販売による東南アジア市場の開拓に乗り出す。07年度中にタイとベトナムで日本向け食品などを扱う企業に提供、今後は市場成長が予想されるインド攻略も視野に入れる。試薬事業の売上高は06年3月期で約300億円。このうち海外販売は数%にとどまっており、今回の戦略で2010年3月期にアジアを含む海外全体で50億円に引き上げる。

 日本向け輸出製品を対象に、国内で規制のある違法農薬や抗生物質の有無を調べる試薬販売を現地代理店を通じて展開していく。残留基準のない農薬を含む食品の日本国内販売を禁止するポジティブリスト制度に対応するのが狙い。まずタイとベトナムで市場開拓し、インドは医薬品分野向け試薬を提供する予定。

 今後は各国の特色に合わせた進出モデルを模索し、将来はアジア全体の開拓を狙う。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070427-00000018-nkn-ind

ベトナムがますます注目ですねるんるん

ベトナムファンドはダメか?!

こんな↓記事を読んだらベトナムファンドはもうダメかと不安になられるかも知れませんが、私は全然心配してません。

近頃バブル気味だったから、必要な調整です。

悠然と構えておきましょう!

ベトナム株式市場が変調、過去1週間で今年の上げ幅の3分の1失う

4月25日6時48分配信 ロイター

 [ハノイ 24日 ロイター] 高騰を続けていたベトナム株式市場が変調をきたしている。ホーチミンシティ証券取引センターのベトナム株価指数は過去1週間足らずのうちに、年初からの上げ幅の3分の1以上を失った。
 同指数は3月12日に過去最高値の1170.67まで上昇したが、24日には3カ月ぶり安値となる905.53で取引を終えた。ただ、それでも年初に比べ20%高い水準にある。
 市場関係者によると、資金を借り入れて投資していた個人投資家が、利払い負担に耐えかねて市場から逃げ出しているという。
 エコノミストやアナリストは何カ月も前から市場が過熱していると警告しており、今年は30%程度下落すると予測する向きもある。
 関係者によると、年内に数多くの銘柄が新規上場することも、市場の地合いを冷やしている。
 主要取引所が最低取引単位を10株から100株に引き上げたことも、流動性の低下を嫌気した個人投資家からの売りを誘っているとの指摘もある。
 ただ、かつてメリルリンチのストラテジストを務めていたスペンサー・ホワイト氏は「この下げは極めて健全だ」と語っている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070425-00000029-reu-bus_all

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。