ベトナムIT 日本で合弁

ユナイテッドワールド証券のベトナム民営化ファンドに、いいお話ですよ〜!

ベトナムIT、日本で合弁 ランシステムとアイ・アール 開発や技術者派遣本格化

5月22日8時33分配信 フジサンケイ ビジネスアイ

 ベトナムのソフト開発会社「ランシステム」(ハノイ市)とIT(情報技術)関連事業を展開するアイ・アール(兵庫県姫路市)は合弁で新会社「東京ランシステム」(東京都港区)を設立、22日からオフショア開発の受注やベトナム人技術者の派遣など事業を本格始動する。

 東京ランシステムは日本市場の窓口となりランシステム向けのオフショア開発の受注事業を展開、技術者不足で悩む日本企業にベトナム人のIT人材を派遣する。要員派遣ではシステムのオペレーションから高度な開発まで対応。大学院でITを学んだ技術レベルの高いベトナム人技術者を武器に事業拡大を狙う。

 これまで日本の連絡事務所で受注活動をしていたランシステムはアイ・アールと組むことで日本での事業基盤を強化、新会社が顧客を引き継ぎ受注拡大を図る。東京ランシステムは初年度に売上高1億円を目指す。

 ベトナム政府はソフト・情報サービス産業を育成する方針で市場規模を2005年の約300億円から10年に約1280億円まで引き上げる計画。政府はIT系学部を増設し日本語教育を強化して日本市場の取り込みを狙っている。

 東京ランシステムは、ベトナムのIT人材の拡大を機に日本市場での攻勢を強める考え。日本の有名大学・大学院に留学経験のある優秀な人材を投入し簡易システムだけでなく、データベースやホストなど付加価値の高い基幹システムの開発受注を目指す。

 ベトナムのプログラマー人件費は中国の3分の2、インドの半分とされる。その安い開発コストから日本ユニシスやNECソフトなど日本企業も現地法人を設立しオフショア開発を展開するなどベトナムのIT産業に注目が高まっている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070522-00000010-fsi-ind
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/42603086
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ベトナムIT 日本で合弁
Excerpt: ベトナムファンド(ベトナム投資信託)・ベトナム株のまたまた追い風情報ですよ~! ベトナムIT、日本で合弁 ランシステムとアイ・アール 開発や技術者派遣本格化 5月22日8時33分配信 フジサンケイ..
Weblog: ベトナムファンド・ベトナム株投資で分散投資
Tracked: 2007-05-23 00:50

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。