ベトナムファンドが何故いいか?

普通、「投資をする」って言うと、株式投資を考えますよね?

でも、ホーチミン市場ができたのが2000年なので、
まだまだ市場整備が整っていないのです。

ましてや、日本語がわかるスタッフってそんなにいないだろうし・・・

聞いた話によると、注文間違いや連絡不足などで、
トラブルに巻き込まれたケースが意外と多いとか。がく〜(落胆した顔)

それに日本のザラ場方式ではなく、
タイ式の1日3回だけのマッチング方式と、
そのあと1日30分間だけのプットスルー取引という、
会員どうしの直接交渉取引で行われるそうです。

む、むつかしいバッド(下向き矢印)

さらに、少ないと言っても数ある銘柄から「これ!」っていうものを
自分で見つけ出さないといけません。

さらにさらに、正式上場前の便宜的に公開される時に買っておくと
安く買えるんですが、政府やその企業とよほどの関係、そして交渉力がないと手に入りません!

有力な銘柄ほど、無理なんだそうです。

となると、やっぱり銘柄選びから運用、そして交渉力のあるプロにお任せの
ベトナムファンドがいいって思いませんexclamation&question



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ブラジルファンド(投資信託)株情報
Excerpt: ブラジルファンド(ブラジル投資信託)は、文字通りBRICsのBであるブラジル連邦共和国の株のファンドです。 06年のIMF予測による実質経済成長率が3.6%と、BRICs内では出遅れ感が強いブラジル..
Weblog: 新興国ファンド(投資信託)株情報
Tracked: 2007-04-24 15:57

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。